チェンマイのカオマンガイ屋のオススメを紹介【カテゴリ別ランキング】

カオマンガイ好き必見!!チェンマイ激旨カオマンガイ屋 チェンマイ

タイ料理で一番好きなのは何?と聞かれたら、カオマンガイと答えます。(特に蒸し鶏のカオマンガイが好きで、それしか注文しません。)


大好きな料理ですので、チェンマイに滞在した24日間、最高のカオマンガイを求めてあちこちに食べに行きました。(6店舗)

ハズレは滅多に無いものの中には注文したことを後悔するものもありましたが、カオマンガイは基本的に美味しい料理ですので満足は出来ました。

チェンマイの中で特に美味しくて好み味で何度も通ったお店が、3店舗あります!

正直言って甲乙つけがたいところがあるし、総合ランキングを作ったところで好みは人それぞれなので、参考にしづらい部分があると思います。

ってことで、カテゴリ別にしてみました。その方が幾分参考にしやすいかと!

ちなみに価格はどこも安く、大差ないのでランク付けはしませんでした。

並40~45バーツ(166~187円)、大盛50~55バーツ(208~228円)

味・美味しさで選ぶ

何と言っても、味の美味しさが欠かせないポイントです。



美味しさの決め手となるのは、

  • ご飯の美味しさ
  • 鶏肉の美味しさ

ですので、それぞれ分けてランク付けしました。



ご飯の美味しさランキング

個人的にカオマンガイで重視しているのが、ご飯です。

ご飯が美味しくて自身のテンションが急上昇した時にそのことに気が付きました。

お店によっては、パサパサだったり、ベチョっとしていたりするとこもあり、そういう時はテンションが下がります。

これからご紹介する良店は、鶏の風味と脂をまとったパラッとしたご飯でマジ絶品でした!

カオマンガイで重視している点の比率は、

ご飯40%、鶏肉30%、スープ20%、タレ10%くらいです。

スープは美味しいに越したことはないですが、あくまでサブですのでそこまで重視してません。

タレは基本どこも美味しいので割合低めです。とは言え自分で調合できるところは好きです。



正直言って、3店舗ともご飯も美味しいです。人気店だけあって全てが高レベル。そして1位と2位は僅差です。個人的な好みの差で決めました。

【1位】KOYI Chicken Rice

ふっくらしつつも程よく固さがあり、パラッとしていて鶏の風味もバッチリで最高です。

多分、日本人好みのご飯じゃないかと思います。


美味すぎるので追加でご飯を注文しました!

カオマンガイ並(45B)と追加ご飯(10B)

少食なので腹パンパンになりました。笑

調子いいときは、大盛り+追加ご飯するのもアリかなと思います。

【2位】カオマンガイ・ポージェット

ふっくらパラパラで鶏の風味も効いてる絶品ライスなのですが、KOYIと比べて若干オイリーだと感じました。

鶏肉が割とさっぱりめですので、あえてそうしているのかも知れません。

とは言え、めちゃくちゃ美味しいので、カオマンガイの並(40B)+追加ご飯(10B)もしました!

カオマンガイ並(40B)と追加ご飯(10B)

追加ご飯は、茶碗で出てきます。好きなタイミングで皿に盛ります。

【3位】カオマンガイ・ハイラム

1位、2位の方が印象的だったというだけで、負けず劣らず美味なご飯です。

ハイラムのカオマンガイ並



鶏肉の美味しさランキング

カオマンガイはご飯と鶏肉がメインですから、鶏肉の美味しさも重要です。

ご飯の美味しいお店はもれなく鶏肉も美味しいので甲乙つけがたいですが、強いて順位を付けるなら以下のようになります。

【1位】カオマンガイ・ハイラム

ぷるぷるでジューシーで脂も美味しい鶏肉です。(ちょいと量は少なめ。)

3店舗の中で一番やわらかくて口の中で溶けていくようにすら感じます。

鶏肉だけが皿にたくさん載ってるのを注文している地元の人、結構いました。

【2位】KOYI Chicken Rice

ぷりっとしていて柔らかで程よくオイリーで食べごたえがあります。

KOYI Chicken Riceのカオマンガイ並45B
KOYIのカオマンガイ並 45バーツ


【3位】カオマンガイ・ポージェット

他の2店舗と比べて脂が少なめな感じで少しさっぱり系の鶏肉です。それでもしっとり柔らかでジューシーで美味。

カオマンガイポージェットの並40B
ポージェットのカオマンガイ並 40バーツ



通いやすさ(アクセス、営業時間)で選ぶ

チェンマイで楽しくカオマンガイライフを送る上で、

  • 味がめちゃくちゃ好みなんだけど、通うには遠いんだよね…
  • 夕食にカオマンガイをたらふく食べたいのに営業が昼まで…

こうしたもどかしさを感じることが、かなりありました。



味・美味しさがトップクラスの3店舗の中で、アクセスしやすさ営業時間の長さでランク付けをします。

アクセスしやすさランキング

  • お店の近くに宿がある
  • 周辺に他のお店がある

など、行きやすさ+利便性の高さも重要です。

【1位】KOYI Chicken Rice

ニマンヘミンエリアにあり、お店の近くには宿がいくつもあります。

巨大ショッピングモール『MAYA』も徒歩圏内で便利なエリアです。

お店の正面にホテルがあるので、そこに泊まれば徒歩1分で通えたりもします。

周辺の宿があるため、アクセスのしやすさは1位だと言えます!

ターペー門からだと徒歩43分もかかります。(車で14分)


【2位】カオマンガイ・ポージェット

サンティタムというエリアにあるのですが、すぐ近くに宿はあまりなく、ローカル色の強めの界隈です。

通っていた時は徒歩15分くらいのあたりに宿を取っていました。

ターペー門からだと徒歩43分もかかります。(車だと10分)

通っていた時は、歩いて15分くらいのところの宿に滞在しており、十分通えるレベルかなと感じました。(散歩にもなるしちょうどいい距離感です。)

【3位】カオマンガイ・ハイラム

ここはマジで通いづらいです。なにせ遠い!

近くに宿も無いですし、ターペー門から徒歩で33分かかります。(車で12分)

ソンテウやバイタク使って行くか、レンタルバイクで行くかじゃないと、とても通えないです…

ただ、チェンマイ駅からは近いので、別の街から来た時や行くときに寄ることはできそうです。(ただし営業は午前中のみ)



営業時間が長いランキング

「あそこのカオマンガイ食べたいな~!」と思っても、すでに営業終了していることが多々ありました。

タイではカオマンガイは朝~昼に食べるのが定番なのでしょうから、タイの風習に自身の食生活を合わせていくのがベターです。



そうは言いつつも、営業時間が長い方がありがたいですから、ランク付けします!

※注)どのお店も営業終了時間前に売り切れの可能性あり。

【1位】カオマンガイ・ポージェット

9:00~19:00(10時間!)

オススメ3店舗の中で唯一夕食で食べられるのがポージェットです。

※ただ、遅い時間帯だと売り切れてしまって店じまいしていることもある。



【2位】KOYI Chicken Rice

8:00~14:00(6時間)

昼ごはんの時間帯のピーク過ぎまで営業しているのがありがたいです。

食事時は混むので、時間をずらして行くことが出来ます。



【3位】カオマンガイ・ハイラム

7:00~12:00(5時間)

営業時間は短いし、地元民に人気のため昼時には売り切れてしまっていることもあると聞きます。(自分が行った数回は売り切れておらず食べられました。)

味は申し分なく美味いのですが、市街地からのアクセスが良くない&営業時間が短めというのがネックですね。



まとめ

全要素を引っくるめると、KOYI Chicken Riceが最もオススメと言えます。

Leaf Hostelという宿に滞在すれば、KOYI Chicken Riceもポージェットも徒歩10~15分圏内になります。

好きな食べ物を特に美味しい店で頻繁に食べられると、かなり満足度が高まります。

もしカオマンガイ大好き!という場合は、上記の3店舗を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました