【避寒旅スタート】まずは中部国際空港から福岡へジェットスターで行く【チェンマイへ】

中部国際空港 ジェットスター 旅日記

冬だけ東南アジアという名の避寒旅が始まった!ここから約3ヶ月半、東南アジアで冬を越す!

今回、私が買った航空券は、

旅程表

中部国際空港から一旦福岡空港に行って、翌朝10時の便でタイへ向かう。

航空券代は、27,025円。スカイスキャナーで探してKiwiというサイトで買った。

2回も乗り換えがあってめんどくさいけど、チェンマイまででこの値段はわるくないと思う。



ジェットスターは、中部国際空港の第2ターミナルだった

浜松から遠鉄バスのe-wing(中部国際空港行きのバス)に乗り、約2時間で到着。

福岡行きのジェットスターは第2ターミナルということで、歩くこと約5~10分。意外と遠くないと感じた。

中部国際空港第2ターミナル

第2ターミナルへは初めて来たけど、かなりこじんまりとしていて迷うことがなさそうで良い。



オンラインチェックインとモバイル搭乗券は必須

空港に着く時間は、国際線なら出発時刻の3時間前、国内線なら2時間前と言われています。

早く行くのはいいのだけど、長時間並ぶのはイヤなので、今回オンラインチェックインを使った。

ものの5分もかからずにチェックイン完了し、モバイル搭乗券が手に入った。

Androidスマホを使っているので、GoogleWalletというアプリに保存することができ、空港ではこれを見せるだけでOKという。マジ便利じゃん!

(搭乗券の控えPDFだと印刷しなきゃいけないのが面倒なんだよね。)

モバイル搭乗券を持っていれば、チェックインカウンターに並ぶ必要はなく、すぐに保安検査場へと行けるとのこと。

初めてで少し不安があったので、近くにいたジェットスターのスタッフに聞いたら、「機内持ち込み手荷物の重量チェックだけお願いします」と言われ、重さチェックをされた。

バックパックとボディバッグで、ぎりぎり7kg以内でパス。ジェットスターの荷物タグをつけてもらい保安検査場に向かった。(モバイルバッテリーとか小さいけど重たい系は、あらかじめポケットに入れといた。)

機内持ち込み手荷物 ジェットスター

使っているのは、ワークマンのジョイントバックパックファイナルエディション(5,800円)。

ワークマン製品が好きでもろもろ愛用しているので、今回の旅でも間違いなく頼りになると信じている。

ようやく時間になり、ひさびさ飛行機に乗り込む。

やはりジェットスター、席はせまいねぇ。けど何ら問題なし!

ジェットスターの席

定刻通りに出発し、遅延もなく到着。

8年前くらいに一度、福岡空港にジェットスターで来たことがあったけど、ほとんど記憶になく初めての土地かのようにキョロキョロしてしまった。

福岡空港は空港泊が出来ない

福岡空港は、利用時間が7時~22時となっていて空港泊が出来ない。

というわけで博多あたりで一泊して、時間調整をする。

航空券を予約したあとすぐに「ナインアワーズ博多駅」というカプセルホテルをagodaで予約した。

一泊3,060円。博多駅から徒歩5分くらいだし、口コミ評価も上々。

詳細なレビューは別記事にまとめる!

地下鉄福岡空港駅から博多駅まで向かう。

福岡空港駅から博多駅

福岡空港駅を出発して5分くらいで博多駅に着いた。

街の中心部から空港まで電車で5分って近すぎぃ!マジで福岡利便性高くて素敵。

今日の宿『ナインアワーズ博多駅』まで移動。徒歩5~10分くらいで着いた。

チェックインなどの細々した内容は、ホテルのレビュー記事に。



博多一幸舎で泡系豚骨ラーメンを食らう

”せっかく○○だから~~しないと”という、もったいない精神みたいなのが先立ってしまう状態が好きではないのですが、ホテル近くのコンビニでビールを飲んでほろ酔い加減のいい気分になったら、そんんなのどうでもよくなってしまった。笑

ってことで、せっかく博多に来たので、ホテル近くの『博多一幸舎』で泡系豚骨ラーメンを食べた。900円。

博多一幸舎
泡系豚骨ラーメン

スープが泡立っているので口当たりがまろやかでクリーミーな味わいなのが印象的だった。味は定番の博多とんこつラーメンって感じ。

卓上の辛子高菜と合わせると、いい感じにピリ辛になり、味の変化がついて美味しかった。

福岡は素敵な街だけど、これからタイやラオスに行くって状況で来ると、ラーメン一杯900円はやっぱり高いなと感じてしまう。苦笑

明日は、10:00出発の便(エアアジア)で、オンラインチェックインはしたもののパスポート確認のためにチェックインカウンターに並ばないといけないので、7:30くらいには空港に着いておきたいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました