【ベトナム統一鉄道】ダナンからフエ行きの電車をネット予約して乗ってみた【ローカル鉄道】

ダナン→フエ ベトナム統一鉄道 約3時間の旅 ダナン

2024年4月8日にダナンからフエまで、ベトナム鉄道で移動しました。

約2.5時間の鉄道旅を満喫してきましたよ!チケットはネットで予約できたので、予約の流れとベトナム鉄道旅の感想を書いています。

ダナン発フエ行のベトナム鉄道チケットをネット購入(約530円)

ベトナム統一鉄道の公式サイトで、『ダナン(Da Nang)→フエ(Hue)』のチケットを予約しました。



出発駅、到着駅ともにアルファベットで入力すると候補が出てくるのでそれを選べばいいので、ベトナム語で入力する必要はありません。

出発地、目的地と日付を入力



1日の便数は多くない(4~5便)

乗車した4月8日(月)は、

  1. 00:56発
  2. 10:22発
  3. 12:57発
  4. 13:51発

の4便しかなく、12:57発の便に至っては予約可能数0となってました…。

(日によっては、18:05発の便もあるようです。)

夜行、朝、昼、夕方って感じですかね。



13:51発の便を予約したのですが、1ヶ月前の時点で予約可能数は56席。

(ためしに別の日で調べてみたら、100席以上ありました。日によってバラツキがあるっぽいです。)

当然ですが、安い席は早く埋まっていくのでチケットは遅くとも数日前には予約した方が良さそう。



席を選ぶ→情報を入力→決済という流れ

席を選んだら、画面上のカートをタップすれば先に進めます。

画面上のショッピングカートをタップすると支払いに進める。



電車代は、88,000ドン(約530円)

ソフトシート、エアコン有りの車両で、1席あたり88,000VND(約530円)でした。かなり安いですね!

車両の一番前の席だけ、98,000VND(約590円)と少しだけ高いです。



クレカは、VISAとマスターカードが使える

英語だと分かりにくかったので、Google Chromeの翻訳機能を使いました。

支払い方法はたくさんありますが、なじみのあるものはありません。napasのところにVISAと書かれていたので、ここにチェックを入れて先に進んだら決済画面になりました。



無事にチケットの予約が完了し、Eチケットがダウンロード出来ました。

その後送られてきたメールによると、チケットの印刷はベトナム鉄道の駅にある自動チケット印刷機で出来るようです。

(印刷せずとも、スマホでe-ticketを見せるだけでOKでした。)



ダナン駅はコンパクトだった

ダナン駅の外観



ダナン駅は、ハイチャウ区の北西にあり、中心部からだと割と距離があるので徒歩だと時間がかかります。

ダナンに来て最初に泊まった宿の近くのお気に入りのカフェから、Grabバイクを利用して移動しました。(約7分)



印刷は不要、スマホ画面を見せて改札を通過

改札のところに係員がいるので、スマホでe-ticketを見せたら難なく改札を通過できました。(印刷は不要でした。)

その後、チケットの確認はありませんでした。



ダナン駅にはミニマートがある

ダナン駅には、TRAIN CAFEというミニマートがありました。

改札通った後でも利用できるような作りになっていました。(利用はせず)



駅にトイレはあるけど臭う

駅にトイレはありましたが、アンモニア臭がかなりしました。



電車が到着、乗り込む

電車が到着すると、ベトナム人はみんな我先にと乗り込んでいきますね。

そして、並んでいてもめちゃくちゃ割り込んできますね。列に横入りすると言うより、列に並ばず入口のところからぬるっと入っていっているのをよく見ました。

(指定席だし、急がなくても置いていかれるわけじゃないので、割り込まれようが全く気にならず最後に乗り込みました。)



写真では分かりにくいのですが、電車に乗り込む時のステップは意外と高さがありました。



電車はエアコンが効いてて快適

ローカル電車なので、もっとボロいのを覚悟していたのですが、十分キレイで空調もバッチリ効いててかなり快適でした。

通路の天井にモニターが設置されてたので何か映像が流れるのかなと思いましたが、ずっとOFFでした。



座り心地が良く快適なシート

思っていたよりも良い感じの座席で、座り心地も良かったです。

シートの座り心地は良い。

フットレストもあり、くつろぎながら移動できました。



座席番号は上の荷物置きのところに記載

座席の番号は、頭上の荷物置きのところに書いてありました。

荷物置きのところに座席番号の記載。



コンセントもある

窓側の壁にコンセントが2穴ありました。

車内にWi-Fiがあるか確認してませんが、ベトナムSIMも楽天モバイルの国際ローミングも電波状況が良くなかったのでオンライン系の作業は不向きかなと感じました。

充電しながらダウンロードした動画を見るなどするのがちょうどよさそうです。

コンセント完備。



まさかの後ろ向き移動

車窓から海を眺めつつ移動できると思い右側の窓側を選んだのですが、いざ出発したら後ろ向きに出発しやがりました。

その結果、車窓から海は見えず、景色は終始微妙でした。(逆側の窓側からは海が見えてキレイな景色が広がっていました。)

自分が座った席の車窓から見えたのは、山、生い茂る木々、壁がほとんど…笑



電車内にトイレはあった(利用しなかったが臭かった)

電車にはしっかりとトイレがありました。

座席がトイレの近くだったこともあり、トンネルを通る度にトイレのニオイがぷーんとしてきました。

利用はしませんでしたが、利用せずとも臭いのは分かりました…



移動時間は約3時間

13:55(定刻は13:51)に出発し、16:40頃にフエ駅に到着。

約3時間の道のりです。

フエ駅に到着。



フエ駅はもっとコンパクトだった

フエ駅に到着し電車を降りたら、外に出る用の通路を通って外へ。

フエ駅はダナン駅よりもこじんまりとしており、ダナンとは全然違った雰囲気でテンションが高まります。

落ち着いた雰囲気のフエ駅。

おきまりのタクシー勧誘の嵐が来るので、テキトーにやり過ごします。

落ち着いた街の雰囲気がとても素敵です。

フエ駅を出てすぐの景色。

駅から宿まで徒歩で約30分でしたが、初めての街は新鮮で楽しいのでバックパックを背負いながらでも余裕で歩けました。

ダナン同様、交通量は多くて道路を横断するのは大変です。

フエで4泊した宿はこちら↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました