バンコク(エカマイ)からパタヤ バスをネットで予約して乗ってみた

バンコク

2024年3月9日にバンコクからパタヤにバスで移動しました。

過去にも2回パタヤに行ったことがありますが、今回はチケットをネットで予約してみました。

バンコクからパタヤ行きのチケットはネットでも買える

バンコク↔パタヤのバスチケットのオンライン予約サイトを使えば、事前にネットで購入できます。

(もちろんバスターミナルの窓口でも買えます。)

サイトはタイ語表記ですが、右上の3本線のところから英語に変換できます。



バンコクのバス乗り場は3か所

バンコクからパタヤ行きのバスは、

  • エカマイ
  • モーチット
  • スワンナプーム空港

の3つの出発地があります。

※スワンナプーム空港発は、ジョムティエンバスターミナル着となるようです。



エカマイからパタヤ行きの便を予約

今回プロンポンに滞在していたので、出発地はエカマイを選択。

降りる場所は1ヶ所しか選べず、Roong Reaung Coachとのことですが、ノースパタヤバスターミナル。



ネット予約では、1日14便から選べる

始発が06:00で、その次は09:00、以降1時間ごとに21:00まで選べるようになっています。

バスターミナルの窓口での購入だと、30分間隔のチケットが買えます。



金額は、141バーツ(590円)

13:00発の便を選択。座席は選べませんでした。

チケット自体は131バーツ(550円)ですが、オンライン購入の場合は追加で10バーツ(42円)かかります。



クレジットカードで決済を完了させると、予約番号とQRコードなどが表示されます。当日受付で見せるため、スマホ画面をスクショしておきます。

(少し後に、Eチケットが添付されたメールが届きました。スクショしなくてもそれを見せる方が楽です。)



バンコク(エカマイ)からパタヤまで約2時間30分

バンコクからパタヤまでは、Googleマップのナビで見てみると約1時間30分くらいですが、実際は2時間30くらいかかりました。



BTSに乗り、エカマイ東バスターミナルへ移動

プロンポンに滞在していたので、BTSでエカマイまで行きました。2駅ですので近いです。電車代25バーツ(105円)

泊まった宿の感想はこちら↓



エカマイ駅を出て徒歩1分でバスターミナルに着きます。

BTSエカマイ駅
BTSエカマイ駅のプラットフォーム



セブンイレブンの奥にエカマイバスターミナルがあります。

BTSエカマイ駅
BTSエカマイ駅からすぐ近くにバスターミナルがある

BTSエカマイ駅を出て数分でたどり着けます。

エカマイバスターミナル
エカマイバスターミナルの外観



チケットオフィスは28番

エカマイバスターミナルの建物内に入ると、チケット売り場がズラリと並んでいます。パタヤ行きのバスチケットは28番です。並びが出来ていたので分かりやすいです。

当日券も予約済みでも28番の窓口で発券してもらう流れです。(28番に窓口が2つあり、右側がオンラインチケット用でした。)

パタヤ行きバスのチケット売り場
パタヤ行きのバスチケット売り場は、28番窓口

すぐ近くにデカい声で「パタヤー、パタヤー」と言っているオッチャンがいる窓口もありました。声を張りすぎてて、逆に近寄りがたく感じてしまいました。笑

窓口でオンライン予約済みの画面を見せたらチケットを発券してくれました。チケットの右側はバスに乗る時に回収されました。

発券されたチケット



バス乗り場は①

チケットオフィスの奥にバス乗り場があり、出てすぐのところにパタヤ行きの①があります。

パタヤ行きのバス乗り場



昼時の時間帯は混み合うのか、10~20分間隔でバスが発車してました。それでもどの便も満席っぽかったです。

待合所のベンチは常にいっぱいになりがちでした。

13:00発のバスが到着



荷物を預ける際、20kgオーバーの人は追加で20バーツ払ってました。量る器具などは置いてなかったので係員の経験に基づく勘で判別してるのでしょうか。

荷物を預け、バスに乗り込む人々

油断してると、しれーっと横入りしてくる外国人がたまにいます。



バスの感想

座席の番号はシートの背中側に記載されているので、以前(2018年)乗った時は間違えて後ろの席に座ってしまいました。(この便でも間違えてる人が何人かいました。)

座席の背中に番号が印字されています



乗車率は100%

エカマイバスターミナルを出発した時点では2席ほど空席でしたが、途中乗車してきて満席になりました。乗車率100%です。



座席サイズは普通だけど隣の人の体型で狭く感じる

いたって普通のバスの座席なのですが、隣の人がふっくらした体型だと少しはみ出るので狭く感じます。(小太りの中国人のオッチャンでした。)

過去に乗ったときよりも狭く感じたのは、隣の人の体型が理由なんだと思います。



後半に寒く感じたので上着推奨

冷房がしっかり効いてる状態で約2時間30分ですので、最初は涼しくて快適に思えても、後半結構冷えを感じます。靴下・長ズボンと上着は持ってバスに乗ったほうがベターです。



途中でガソリン給油のため15分の休憩があった

パタヤ北バスターミナルまであともうちょっとのところで15分間の休憩がありました。

バスの給油タイムです。

時間帯によっては給油タイム無しで直行する便もあると思います。(過去に乗った時は何時の便だったかは忘れてしまいました。)

13:00発の便の次と次も給油に寄っていたので、そのくらいの時間帯は給油休憩があるのだろうと思われます。



ノースパタヤバスターミナルに到着

15:40頃、ノースパタヤバスターミナルに到着しました。

エカマイ出発から2時間40分もかかりました。(途中、豪雨に見舞われてバスがかなりゆっくり走っていたのも理由です。)

預けた荷物を回収してソンテウ乗り場に向かいます。(敷地内にある)



中心部まではソンテウで行ける(50バーツ:約210円)

そこからパタヤ中心部までは、ソンテウorタクシーで向かうことになります。(タクシーの値段は分かりません。おそらく交渉次第。)

バスターミナルの敷地内にソンテウが数台待機しているので、運転手にGoogleマップで目的地を見せつつ行けるかを聞きます。

代金は一律で50バーツ。出発前に支払います。

ビーチロードまで行くソンテウに乗って適当なところで降りようと思ったのですが、この日イベントの関係でビーチロードの一部が通れないっぽくて、サードロードからセカンドロードを回るルートでした。道が混んでて40分くらいかかりました。

事前に目的地を伝えていたので、宿の近くで停まってくれました。

去っていくソンテウ

過去にパタヤ北バスターミナルからソンテウに乗った時は、ビーチロードからセカンドロードを周回するルートで、降りたいタイミングでブザーを鳴らして停車してもらうという流れだったのですが、1か所ずつそれぞれの目的地を回っていくというのは初めてでした。

その分、時間はかかりますが、初パタヤで土地勘が無い状態だったらこういうスタイルの方が安心かもしれませんね。



まとめ

今回、エカマイからパタヤまで久しぶりにバスで移動しました。時間帯によって混み具合や到着までの時間は多少違ってくるんじゃないかと思います。

今回ので言えば、もうちょい早めの時間帯(11~12時発)にしておけば、2時間40分もかからなかったかな?と感じています。(あくまで予想ですけどね)

帰りは違ったルートを通るので、また記事にする予定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました